全身のかゆみの原因とは

全身のかゆみの原因とは

当サイトへお越しいただきありがとうございます。当サイトでは全身のかゆみに悩まされる人へその原因と対処法を紹介させていただいています。

 

全身がかゆいというのはやっかいです。特定の部位がかゆいというのならまだ掻けばおさまるのですが、全身のかゆみというのはそういうわけにもいきません。

 

むずむずしたかゆみ、ちくちくしたかゆみなどかゆみの現れ方は様々ですが、何をするにしても集中力が持続しないので日常生活や勉強、仕事の質に支障をきたしてしまいます。

 

また睡眠中にもかゆみがでる場合があり、そのために眠れないという報告もあるようです。

 

ここは原因を特定してそれぞれに合った対処法を実行することが大切でしょう。

 

全身性皮膚掻痒症とは

皮膚に目立った腫れや赤みがないにもかかわらずかゆみがでるのは全身性皮膚掻痒症の可能性が高いです。

 

ただしかゆみによって掻いているうちに二次的にひっかき傷や赤みがでてくる場合があります。

 

症状は持続的にかゆみが現れる場合、発作的にかゆみが現れるタイプに分かれます。

 

・入浴後
・睡眠前
・運動中
・緊張時

 

発作的なかゆみでもどんな時にかゆみが現れるのかというのも人によって様々なようです。

全身性皮膚掻痒症の原因

全身性皮膚掻痒症の原因には以下の場合が多いです。

 

加齢が原因の場合

加齢により乾燥肌になることでかゆみを発症するのが老人性皮膚掻痒症といいます。

 

妊娠が原因の場合

妊婦がホルモンバランスの崩れやストレスなどが原因でなる妊娠掻痒症といいます。

 

内臓疾患が原因の場合

痛風や糖尿病、腎不全などの内臓疾患が原因でなる場合があります。

 

発汗が原因の場合

運動したり暑い中にいるなどして体が温まり発汗した場合にもかゆみが出る場合があります。これは温熱蕁麻疹という生理現象のようなもので、熱により皮膚からヒスタミンというかゆみを引き起こす物質が分泌されることが原因です。

 

治療方法

内臓疾患などが原因の場合はまずその疾患の治療を行う必要があります。

 

ひっかき傷などが原因で二次的な皮膚炎を発症した場合はステロイド軟こうで治療を行います。

 

肌の乾燥が原因ででるかゆみの場合はワセリンや尿素軟膏を用いて皮膚の乾燥を防ぎます。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>
 
 

 
トップ 病気とかゆみ 部分別かゆみ対策 顔のかゆみ対策 アレルギー対策 蕁麻疹対策