水虫,再発,予防

水虫の再発を予防

実は水虫にかかった人の50%以上が、水虫を再発しているようです。なぜ、再発してしまうのでしょうか?原因を知り、再発予防に努めましょう。

 

「途中で油断」が最大の原因!?

湿度の下がる秋〜冬にかけて水虫菌の活動が弱まり、症状がなくなった様に見えることがあります。または、薬を使用してから1か月程で症状が落ち着くケースも。痒みや目に見える水虫の症状が無くなった=治ったと薬の使用をストップすることで再発につながります。皮膚の入れ替わりに3か月はかかると言われているので、最低でも3カ月は継続して使用するようにしましょう。

 

靴をローテーションで使用する

水虫を完治しても、発症した当時と同じような生活習慣を続けていれば、また再発してしまいます。特に気を付けたいのは、靴です。毎日、長時間履く傾向にあり、高温多湿となりますから、水虫菌が繁殖しやすいんです。靴は可能であれば3足は用意し、毎日ローテーションして使用するようにしましょう。また、使用後にしっかり殺菌、日干しすることも大切です。

 

水虫菌は熱に弱く、60度くらいで死滅するとされています。日干しで天然殺菌を叶えましょう!

 

靴下の洗い方に注意する

水虫菌(白癬菌)は、角質に寄生するため、角質の付きやすい靴下の取り扱いに少し注意してみましょう。小まめに交換する。洗濯、日干しの際には裏返して行うなどの工夫を取り入れると良いでしょう。

 

足を出来るだけ清潔に保つ

小まめに足うらを殺菌ペーパーで拭く、帰宅後にまず足を綺麗に洗うなど、足の清潔を習慣付けてしまいましょう。

 

 

水虫の再発を防ぐためには、まず、3か月は薬を使用すること。そして水虫菌が繁殖しない環境を心掛けることが大切です。ぜひ、実践してみて下さいね。

 

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

水虫にかかったら何科に行けば良い?
水虫にかかったら、医師に診てもらおうと考えますよね。どの専門医に診てもらえばよいのか、迷う事もあるのではないでしょうか。水虫の場合は何科を受診すべき?見ていきましょう。
水虫を早く治す方法
辛い水虫を一刻でも早く治したい!そんな方に、是非一読頂きたい、水虫をより効果的に撃退する方法をご紹介させて頂きます。
水虫の完治にかかる期間
水虫の種類によって、完治にかかる期間が異なるようです。種類別にみていきましょう。
かゆい水虫は冷やす? 温める?どちらが正解?
痒い水虫。辛いですよね。そんな時に温めるのが良いのか、冷やすのが良いのか、どっちが正解なのでしょうか?
授乳中の水虫治療
水虫は、赤ちゃんに移ってしまう可能性もあります。その為、ママをはじめとした家族で水虫持ちの方がいる場合、治療をしっかり行うことが大切です。授乳中だと、薬による赤ちゃんへの副作用が心配ですよね。授乳中でも治療を行うことは可能なのでしょうか?
水虫は放置して治る?
残念ながら、放置して治ることは無いと言われています。その理由や、放置してしまうとどんな事態が生じるのか、みていきましょう。
水虫の検査方法とは?
水虫かも?と思ったら、皮膚科でまずは本当に水虫なのか、検査してもらう必要がります。実際にどのような方法で検査されるのでしょうか?
自宅で出来る!水虫の 民間治療
進行してしまった水虫では難しいとされていますが、初期のかゆみが多少ある、といった状態では、民間治療で治る可能性もあるようです。その方法をいくつかご紹介させて頂きます。
水虫を塩水で治療
塩水で水虫を治療できる?こんなにお手軽に治療できてしまうなら、嬉しいですよね。本当なのでしょうか?
水虫に温泉は効果アリ?!
一言に温泉といっても、水の性質が違いますよね。実は、水虫に有効とされる温泉もあるんです。早速見ていきましょう。
水虫には緑茶の足湯が効く?!
日本人になじみ深い緑茶。飲んで癒されるだけでなく、なんと水虫にも効果的なのだとか。緑茶パワーと、緑茶を使った効果的な足湯方法をみていましょう。
水虫の時に使っていた靴・ 靴下 は捨てる、殺菌どちらが正解?
水虫治療時に使用していた靴や靴下は、完治後に殺菌して使用しても問題ないのでしょうか?それとも捨てるべきなのでしょうか?
水虫 、寝るときに靴下はどうすべき?
冬場の寒いときに足元を温める目的で靴下をはいて就寝したり、疲れ切ってそのまま寝てしまうこともあるのではないでしょうか?水虫の時に、靴下を履いたまま就寝するのはアリ?それともなし?気になるホントのところを見ていきましょう。
水虫は角質を削った方が治りが良い?
水虫は角質に住み着いているのだから、削れば良いのではないか?と考えてしまいますよね。実は、削ると一層水虫が悪化してしまう可能性があります。

 
トップ 病気とかゆみ 部分別かゆみ対策 顔のかゆみ対策 アレルギー対策 蕁麻疹対策