水虫,冷やす,温める

かゆい水虫は冷やす? 温める?どちらが正解?

痒い水虫。辛いですよね。そんな時に温めるのが良いのか、冷やすのが良いのか、どっちが正解なのでしょうか?

 

痒い水虫は、冷やすが正解!

水虫の部分が痒くなるのは、炎症を起こしているからです。体の免疫機能が働いて水虫菌を攻撃しようと体を刺激し、ヒスタミンが分泌される→外敵と戦うべく、血管を広げ、栄養補給促進、臨戦態勢に入る→体が戦闘を開始し、その活動が炎症・かゆみとなって現れるんですね。掻くほどに刺激を与え、ヒスタミンが分泌されて、一層痒みを増して行きます。冷やすことでヒスタミンの分泌量を抑え、痒みの具合が改善されると言われています。

 

水虫を温めたら?

例えば、お風呂に入った後に、水虫が猛烈に痒くなるなんてことはありせんか?これは、血行が促進されて、水虫菌との戦いが活発になるからです。温めることで、さらに痒みを増す可能性があります。水虫菌が死滅するのは50度〜60度と言われることから、熱湯やロウソクの?を使用した民間療法もあるようですが、そうした方法では、火傷をする可能性もあるので止めましょう。やはり、市販薬や処方薬を使用した治療が一番です。

 

足の冷やし方

洗面器等に水を張って氷を入れ、足を痛くなるまで入れて出すという方法や、保冷剤やアイスパックをタオルでくるみ患部に当てる方法があります。痒みを抑えるには有効な方法ですが、一時的なものですので、必ず薬を併用して治療にあたるようにして下さいね。

 

 

 

水虫のかゆさを収めるには、冷やす方法が正解です。一時的に痒さは良くなりますが、水虫を治す訳ではありません。しっかりと塗り薬・飲み薬を併用して、完治に努めて行きましょう!

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

水虫にかかったら何科に行けば良い?
水虫にかかったら、医師に診てもらおうと考えますよね。どの専門医に診てもらえばよいのか、迷う事もあるのではないでしょうか。水虫の場合は何科を受診すべき?見ていきましょう。
水虫を早く治す方法
辛い水虫を一刻でも早く治したい!そんな方に、是非一読頂きたい、水虫をより効果的に撃退する方法をご紹介させて頂きます。
水虫の完治にかかる期間
水虫の種類によって、完治にかかる期間が異なるようです。種類別にみていきましょう。
水虫の再発を予防
実は水虫にかかった人の50%以上が、水虫を再発しているようです。なぜ、再発してしまうのでしょうか?原因を知り、再発予防に努めましょう。
授乳中の水虫治療
水虫は、赤ちゃんに移ってしまう可能性もあります。その為、ママをはじめとした家族で水虫持ちの方がいる場合、治療をしっかり行うことが大切です。授乳中だと、薬による赤ちゃんへの副作用が心配ですよね。授乳中でも治療を行うことは可能なのでしょうか?
水虫は放置して治る?
残念ながら、放置して治ることは無いと言われています。その理由や、放置してしまうとどんな事態が生じるのか、みていきましょう。
水虫の検査方法とは?
水虫かも?と思ったら、皮膚科でまずは本当に水虫なのか、検査してもらう必要がります。実際にどのような方法で検査されるのでしょうか?
自宅で出来る!水虫の 民間治療
進行してしまった水虫では難しいとされていますが、初期のかゆみが多少ある、といった状態では、民間治療で治る可能性もあるようです。その方法をいくつかご紹介させて頂きます。
水虫を塩水で治療
塩水で水虫を治療できる?こんなにお手軽に治療できてしまうなら、嬉しいですよね。本当なのでしょうか?
水虫に温泉は効果アリ?!
一言に温泉といっても、水の性質が違いますよね。実は、水虫に有効とされる温泉もあるんです。早速見ていきましょう。
水虫には緑茶の足湯が効く?!
日本人になじみ深い緑茶。飲んで癒されるだけでなく、なんと水虫にも効果的なのだとか。緑茶パワーと、緑茶を使った効果的な足湯方法をみていましょう。
水虫の時に使っていた靴・ 靴下 は捨てる、殺菌どちらが正解?
水虫治療時に使用していた靴や靴下は、完治後に殺菌して使用しても問題ないのでしょうか?それとも捨てるべきなのでしょうか?
水虫 、寝るときに靴下はどうすべき?
冬場の寒いときに足元を温める目的で靴下をはいて就寝したり、疲れ切ってそのまま寝てしまうこともあるのではないでしょうか?水虫の時に、靴下を履いたまま就寝するのはアリ?それともなし?気になるホントのところを見ていきましょう。
水虫は角質を削った方が治りが良い?
水虫は角質に住み着いているのだから、削れば良いのではないか?と考えてしまいますよね。実は、削ると一層水虫が悪化してしまう可能性があります。

 
トップ 病気とかゆみ 部分別かゆみ対策 顔のかゆみ対策 アレルギー対策 蕁麻疹対策