むずむず脚症候群の原因や治療法

むずむず脚症候群の原因や治療法

むずむず脚症候群、別名レストレスレッグス症候群の原因や治療法について解説しています。

 

むずむず脚症候群とは

むずむず脚症候群というのは脚にむずむずとかきむしりたくなるような不快感(ほてる、虫が這うようと表現する人もいる)を感じる症状のことです。

 

名前からわかるとおり基本的には脚にでる症状なのですが、まれに腰や背中にまでかゆみがおよぶこともあります。

 

症状の特徴

この症状の特徴はじっとしている時やリラックスしている時に起こるということですね。脚を動かしたいという衝動に駆られてじっとしていることがつらくなります。

 

また特に夜に発症することが多いようです。就寝時にかゆみにおそわれて不眠に悩まされる人も多いと聞きます。

 

原因

むずむず脚症候群の原因はまだはっきりとはわかっていません。ですが「脳内のドーパミンに異常が起きている」というのが一つ有力な原因として挙げられています。

 

また病気の合併症状として現れることも多く、パーキンソン病や慢性腎不全がその代表ですね。

 

治療法

原因がはっきりとしていない以上確実な治療法というのはありません。ただ脳のドーパミン異常が原因と考えられる場合が多いので神経内科に受診するのが一般的です。

 

または睡眠障害を扱う精神科を受診したり睡眠専門にに見てもらうことが多いと思います。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

体がかゆい病気の種類
体のかゆみと病気の関係性について紹介しています。
かゆみが起こる病気の症例写真
病気からくるかゆみの症状がわかる写真について解説しています。(かゆみ 病気 写真)
全身のかゆみは糖尿病が原因?
糖尿病の合併症として全身のかゆみが引き起こされることがあります。皮膚は内臓を移す鏡ですから内臓の異常がかゆみになって現れることは珍しくないのです。
疥癬(かいせん)のかゆみの原因
疥癬(かいせん)のかゆみの原因について解説しています。
肝臓病と皮膚のかゆみ・湿疹の関係 どんな症状がでる?
体のかゆみや湿疹は実は肌トラブルではなく、肝臓が原因の可能性があります。今回は肝臓とかゆみの関係について解説しています。

 
トップ 病気とかゆみ 部分別かゆみ対策 顔のかゆみ対策 アレルギー対策 蕁麻疹対策