肝臓病と皮膚のかゆみ・湿疹の関係 どんな症状がでる?

肝臓病と皮膚のかゆみ・湿疹の関係 どんな症状がでる?

体のかゆみや湿疹は実は肌トラブルではなく、肝臓が原因の可能性があります。今回は肝臓とかゆみの関係について解説しています。

 

肝臓とかゆみ・湿疹の関係

肝臓が悪くなり、血中のビリルビン値が高くなり、黄疸がでるとかゆみや湿疹を発症することがあります。

 

かゆみや湿疹の現れる場所はお腹周りや腕、ふくらはぎなどなど人によって様々なようですね。

 

また肝臓が原因の場合、かゆみ以外でも白目が黄色っぽく濁るなどの症状がでますので、確認してみてください。

 

肝臓病の原因

肝臓病の原因としてはウイルス性のもの、アルコール性のもの、遺伝性のものなどがありますが、特に多いのはアルコール性のものです。過度の飲酒により脂肪肝になり肝硬変を起こすことが多いのでお酒の量には注意してください。

 

病院で診察を受けよう

かゆみが一向に引かない場合は肝臓変の可能性を疑ってみたほうがよさそうです。病院にいって肝機能の数値を調べてみましょう。

 

肝硬変の場合入院しなければならないでしょう。

 

また肝臓病が原因のかゆみの場合は、なおさら掻いてはいけません。掻いても問題は解決しないどころか痒みの箇所が広がっていく可能性があります。

 

皮膚は内臓を移す鏡といいますから、かゆみに限らず、皮膚になにか異常が起きたら内臓の異常の可能性も考えておきましょう。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

体がかゆい病気の種類
体のかゆみと病気の関係性について紹介しています。
かゆみが起こる病気の症例写真
病気からくるかゆみの症状がわかる写真について解説しています。(かゆみ 病気 写真)
むずむず脚症候群の原因や治療法
むずむず脚症候群、別名レストレスレッグス症候群の原因や治療法について解説しています。
全身のかゆみは糖尿病が原因?
糖尿病の合併症として全身のかゆみが引き起こされることがあります。皮膚は内臓を移す鏡ですから内臓の異常がかゆみになって現れることは珍しくないのです。
疥癬(かいせん)のかゆみの原因
疥癬(かいせん)のかゆみの原因について解説しています。

 
トップ 病気とかゆみ 部分別かゆみ対策 顔のかゆみ対策 アレルギー対策 蕁麻疹対策