かゆみの原因物質を調べるアレルギー検査の方法3つ

かゆみの原因物質を調べるアレルギー検査の方法3つ

かゆみの原因がなんらかのアレルギーだと疑われる場合、アレルギー検査を行うことが多いですね。今回はそのアレルギー検査の種類と方法について紹介したいと思います。

 

アレルギー検査の種類

アレルギー検査には主に3つの種類があります。

 

  • スクラッチテスト
  • パッチテスト
  • 血液検査

 

この3つのどれか、または複数の組み合わせで痒みの原因物質、どのようなものに反応しているのかを特定するわけですね。それぞれの詳細を以下に記しています。

 

スクラッチテスト

原因物質と考えられるものを液体に溶かしたものを、皮膚に傷をつけた部分に垂らして異常な反応がないかどうか見ます。

 

パッチテスト

専用のシールに原因物質と考えられるものを染み込ませて、2日間ほど皮膚に張って様子をみる方法ですね。

 

血液検査

血液中の特定の抗原に反応する抗体の量、アレルギー関連の白血球の数などを検査します。

 

以上がアレルギー検査の主な方法になります。これらの検査により陽性になるものがあればそれがアレルギーの原因の可能性が高いというわけですね。

 

※アレルギーの種類

  • ダニ
  • ハウスダスト
  • 花粉
  • ペット(猫や犬、ハムスター)の毛
  • 化粧品
<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

ストッキングを履くとかゆい!アレルギー?
ストッキングをはくとかゆみがでてしまうという女性の方は結構います。酷い場合は湿疹がでてしまう場合も。この原因は何なのでしょうか。敏感肌なのかアレルギーなのか。
ペット(犬・猫)のアレルギー対策
ペットのアレルギー対策について解説しています。せっかくかわいいペットを飼っていても触るとアレルギーでかゆい!なんてことは悲しすぎますよね。 今やペットを飼育している家庭は3割を超えているといいますから、このペットのアレルギーの悩みを抱えている人も相当数いると思います。
布団のアレルギーと対策
とくに何かに刺された覚えもないのに、かゆみや湿疹が見られる場合寝具、つまり布団を疑ってみてください。ある生き物によるアレルギーの可能性があります。
皮膚のかゆみや腫れを伴うアレルギーの種類
皮膚のかゆみや腫れをともなうアレルギーの種類を紹介しています。
金属アレルギーでかゆみが起こる原因や対処法
金属アレルギーによりかゆみや湿疹が起こってしまった場合の対処法について解説しています。

 
トップ 病気とかゆみ 部分別かゆみ対策 顔のかゆみ対策 アレルギー対策 蕁麻疹対策