ペット(犬・猫)のアレルギー対策

ペット(犬・猫)のアレルギー対策

ペットのアレルギー対策について解説しています。せっかくかわいいペットを飼っていても触るとアレルギーでかゆい!なんてことは悲しすぎますよね。

 

今やペットを飼育している家庭は3割を超えているといいますから、このペットのアレルギーの悩みを抱えている人も相当数いると思います。

 

犬の場合

犬の毛やフケなどがアレルゲンとなって、飼い主がくしゃみや痒み、湿疹といった症状を発症してしまうことがあります。

 

飼い始めた時は平気だったのに、数年たってから急に症状が出始めたというケースがとても多いようですね。

 

対策としてはこまめな掃除や、犬自体のブラッシングやシャンプーが挙げられると思います。ただシャンプーやブラッシングなどはアレルギー持ちの人がやったら症状がひどくなるかと思いますので、そこは家族でうまく役割分担することをおすすめします。

 

猫の場合

猫アレルギーというのはとても有名ですね。犬よりもはるかにアレルギー発症率が高いです。犬同様に毛やフケなどがアレルゲンとなります。

 

目や鼻、皮膚のかゆみなどの症状を発症することが多いです。

 

対策としては

 

  • 猫の飼育スペースを限定させる。
  • 衣服は猫の毛が絶対つかないところに保管する。
  • 掃除機かけをまめに行う。
  • 猫を触った後は必ず手を洗う。
  • 寝室に猫を入れない。

 

といったことが挙げられると思います。

<スポンサーリンク>
<スポンサーリンク>

関連ページ

かゆみの原因物質を調べるアレルギー検査の方法3つ
かゆみの原因がなんらかのアレルギーだと疑われる場合、アレルギー検査を行うことが多いですね。今回はそのアレルギー検査の種類と方法について紹介したいと思います。
ストッキングを履くとかゆい!アレルギー?
ストッキングをはくとかゆみがでてしまうという女性の方は結構います。酷い場合は湿疹がでてしまう場合も。この原因は何なのでしょうか。敏感肌なのかアレルギーなのか。
布団のアレルギーと対策
とくに何かに刺された覚えもないのに、かゆみや湿疹が見られる場合寝具、つまり布団を疑ってみてください。ある生き物によるアレルギーの可能性があります。
皮膚のかゆみや腫れを伴うアレルギーの種類
皮膚のかゆみや腫れをともなうアレルギーの種類を紹介しています。
金属アレルギーでかゆみが起こる原因や対処法
金属アレルギーによりかゆみや湿疹が起こってしまった場合の対処法について解説しています。

 
トップ 病気とかゆみ 部分別かゆみ対策 顔のかゆみ対策 アレルギー対策 蕁麻疹対策